健康診断・予防接種|頭痛・認知症もりた脳神経クリニック|神戸市東灘区の脳神経外科

〒658-0053兵庫県神戸市東灘区住吉宮町3丁目8-3
078-856-0234
ヘッダー画像

健康診断・予防接種

健康診断・予防接種|頭痛・認知症もりた脳神経クリニック|神戸市東灘区の脳神経外科

当院の健康診断と予防接種

当院では以下の健康診断、予防接種を行っています。予約が必要な場合がありますので、お電話で問い合わせいただけますと幸いです。

  • 特定健診(神戸市国民健康保険)
  • 肺がん検診 
  • 認知機能健診
  • 肝炎ウイルス健診
  • 風しん抗体検査・予防接種
  • 予防接種(インフルエンザ、新型コロナウイルス、帯状疱疹、高齢者肺炎球菌)
  • 小児定期接種(BCG、ロタ除く)

特定健康診断(神戸市国民健康保険)

メタボリックシンドロームの早期発見を目的にした健診です。

食事をぬいて、午前中にご来院ください (空腹時血糖の検査があります)
2024年3月より、特定保健指導の実施に対応いたしました。詳細はご相談ください。

対象:30歳、40~74歳(神戸市国民健康保険)

*神戸市国民健康保険以外の保険者(社保)の特定健診は2024年4月以降対応予定です。

*75歳以上の方(高血圧、糖尿病、脂質異常症で通院していない方)は後期高齢者健診を受ける事ができます。申込み期間(令和6年4月1日〜7月31日)、実施期間(令和6年9月1日〜令和7年2月28日)。受診券申込書は院内にも用意していますのでご相談ください。

肺がん検診

肺がんの早期発見のため問診、胸部レントゲン、(必要に応じ喀痰検査)を行います。

対象:喫煙歴のある方や過去に肺がんにかかったことがある方、高リスクとされる方

費用:検診料は1000円ですが、次の方は無料です。健康保険証をお持ちください。

  • 40歳総合健診で受診券を持参された方
  • 70歳以上の方
  • 市が発行する受診券がある方

神戸市肺がん検診(神戸市)

神戸市認知症健診<第一段階>

当院では認知症健診<第一段階>に対応しています。健診として受診する場合は窓口負担はありませんが、その日は当院で他の診療を受けることは出来ませんのでご注意ください。当院で認知症の精密検査を希望される場合は通常の保険診療で対応させていただきます。

神戸市認知症健診<第一段階>では、認知症の疑いがあるかないかを診るための健康診断を行います。簡単なテストや問診を行います。<第二段階>では認知症の疑いのある方を対象に精密検査を行います。認知症かどうかと病名の診断を行います。認知症と診断された場合、神戸市からのサポートを受けることができる、「認知症事故救済制度」が適応されます。

認知症の人にやさしいまち 神戸モデル(神戸市)

肝炎ウイルス健診

血液検査を行い、B型・C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べます。血液を介して感染する可能性のある疾患であり、ご家族に肝炎ウイルス感染の方や肝がんの患者さんがいる場合、輸血歴のある場合、母子感染予防対策が十分でなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方などは感染している可能性があります。他に薬物乱用者、入れ墨、医療機関外でピアスを開けた方もリスクがあります。

対象:「職場で検査を受ける機会がない」「過去に一度も肝炎ウイルス検査を受けたことがない」「20歳以上」の方

費用:対象者は無料

風しん抗体検査・予防接種(風しんクーポン券)

風疹は感染すると発疹や発熱を引き起こす病気で、特に妊婦に感染すると胎児に影響を及ぼす恐れがあります。風しんは2018年7月以降の全国的な発生をふまえ、これまでに風しんの定期予防接種を受ける公的な機会がなく、抗体保有率が他の世代と比べて低くなっている世代の男性に対し、2025年3月31日まで風しんの抗体検査の実施及び抗体がない方に対する予防接種を公費で実施しています。

対象:昭和3742日から昭和5441日の間に生まれた男性

費用:「クーポン券」をお持ちいただければ、公費負担のため無料です。また抗体がない場合は予防接種を原則無料で受けていただけます。

詳しくはこちら

予防接種

インフルエンザ予防接種

インフルエンザウイルスによる感染を予防するためのワクチン接種です。毎年秋から冬にかけて行われます。

接種期間:2024年10月頃より

【年齢と自己負担額】(助成金利用の場合の窓口負担)
・65歳以上:1,500円
・13歳以上65歳未満:3,800円
・1歳以上13歳未満:1,800円(2回目は多子世帯を除き3,800円)

新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン

令和6年度の秋冬接種はインフルエンザ同様に予防接種法B類疾病として、65歳以上の高齢者、60-64歳の基礎疾患のある方は定期接種の対象となる見込みです。定期接種対象外の方も、インフルエンザ同様に自費での接種が可能です。インフルエンザなど他ワクチンとの同時接種の安全性も確認されています。曜日を固定せず、随時接種を行って行く考えです。ファイザー社のオミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチンを使用します。

接種期間:2024年10月頃より

【年齢と自己負担額】 2024年9月頃、情報が入り次第決定します。

令和6年度以降のコロナワクチン接種について(厚生省)

帯状疱疹(たいじょうほうしん)予防接種

帯状疱疹はウイルス性の皮膚炎で赤い発疹と水ぶくれができる皮膚疾患です。50歳台から発症率が上昇し、80歳までに3人に1人が発症すると言われています。帯状疱疹治癒後も神経痛(ピリピリした痛み)が残存することがあります。予防接種により、帯状疱疹や神経痛の発症リスクを減らすことができます。予防接種を行う事で4〜7年程度の効果があることが確認されています。令和6年度(2024年4月1日〜2025年3月31日)は、50歳以上の方を対象に帯状疱疹ワクチン接種に対する4000円の助成(神戸市)があります。

①ビゲン:生ワクチンですので接種できない方もいます。比較的副反応が軽くすみます。予防効果は接種後1年62%、接種後7年53%とされています。

対象:50歳以上の方

自己負担:8500円(助成利用で4500円)

②シングリックス:不活化ワクチンで、すべての方に接種可能です。発熱など副反応が比較的強くでます。高い予防効果が期待でき、接種後1年98%、接種後10年73%とされています。2回接種が必要です。

対象:50歳以上の方、帯状疱疹に罹患するリスクの高い18歳以上の方

自己負担:1回22000円 (2回で44000円、助成を利用して40000円)

帯状疱疹ワクチンについて(兵庫県)

神戸市ワクチン補助について(神戸市)

肺炎球菌(はいえんきゅうきん)予防接種(神戸市の接種券ハガキ)

市中肺炎、髄膜炎などを予防するためのワクチンです。定期接種はニューモバックス(23価)を使用します。65歳になる1ヶ月前に接種券が送られてきますので、65歳のうちに接種してください。(実年齢が66歳になると接種券は使用できなくなります。)

任意接種のバクニュバンス、プレベナーの接種も可能です。特にバクニュバンス/プレベナー投与後1年〜4年おいてニューモバックスを投与することにより、ブースタ効果により、高い免疫原性の獲得が可能です。

対象:65歳以上の方 等

自己負担 4,000円です。

高齢者肺炎球菌の予防接種(神戸市)

肺炎球菌ワクチンについて(厚生労働省)

65 歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方(呼吸器/感染症/ワクチン学会の合同委員会)

五種混合ワクチン・15価肺炎球菌結合型ワクチン(小児)

令和6年4月1日より、五種混合ワクチン(ゴ-ビック、クイントバック)、15価肺炎球菌ワクチン(バクニュバンス)の定期接種(小児)が開始されます。

五種混合ワクチン:これまでジフテリア、百日咳、ポリオ、破傷風に対し4種混合ワクチンが使用されていましたが、Hibワクチンが加わり5種混合となっています。イメージとしては生後2-6ヶ月で初回接種(1ヶ月の間隔をおいて3回のセット)を行い、その約1年後に追加接種を行います。不活化ワクチンで他のワクチンとの接種間隔の定めはありません。4種混合で開始した方は4種混合での接種完了を推奨しますが、5種混合ワクチンへ変更することも可能です。

15価肺炎球菌ワクチン:従来の13価肺炎球菌ワクチンに比して血清型のカバー率が高く、有効性が高いことから、定期接種が開始となります。接種方法は皮下もしくは筋注となります。接種方法は現行と同様、初回接種は2~7ヶ月(1ヶ月毎の間隔をおいて3回のセット)で行い、追加接種は初回接種終了後60日以上あけて行います。

第55回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料