頭痛|頭痛・認知症もりた脳神経クリニック|神戸市東灘区の脳神経外科

〒658-0053兵庫県神戸市東灘区住吉宮町3丁目8-3
078-856-0234
ヘッダー画像

頭痛

頭痛|頭痛・認知症もりた脳神経クリニック|神戸市東灘区の脳神経外科

頭痛外来とは

頭痛外来とは

日常的に頭痛に悩まされている、いわゆる「頭痛もち」の方は多いものです。つらくても「頭痛くらいで…」という思いから、医療機関を受診せず、市販薬を服薬して対処されている方も少なくありません。

頭痛外来は、そのようなつらい頭痛に悩まれている方々のための窓口であり、様々な頭痛の症状に対して、医学的に診察、検査、診断、薬の処方を行います。気になる頭痛、慢性的な頭痛、いつもと少し違う頭痛などがありましたら、お気軽にご相談ください。

二次性頭痛

別の病気が原因で頭痛が起こることを二次性頭痛と言います。中には治療機会を逃すと危険な頭痛が含まれます。例えば脳出血・脳梗塞・可逆性脳血管攣縮・血管解離などを含む頭頚部血管障害、脳腫瘍、急性緑内障発作、細菌性髄膜炎、脳炎などが挙げられます。特に「これまでに経験したことのない頭痛」「発症時間が明確に分かる急激に発症する頭痛」「手足の麻痺・しびれ・けいれん、嘔吐や高熱などを伴ったりする頭痛」については、受診を強くお勧めします。他にも貧血、甲状腺機能亢進症、睡眠時無呼吸症候群、副鼻腔炎、うつ病など治療が必要な病気が見つかる場合があります。このように、頭痛外来には二次性頭痛を見分け、適切な治療に繋げる役割があります。

以下のような症状が伴う場合には、速やかな受診が必要です。

  • 片側や手足がしびれる
  • 体の片側、手足などに力が入らない
  • ろれつが回らない、言葉が出にくい
  • めまい
  • ものが二重に見える
  • まっすぐに歩けない
  • 体がふらつく
  • 意識が遠くなる
  • 吐き気・嘔吐
  • 表情がゆがむ
  • けいれん

一次性頭痛

普段生じる多くの頭痛は一次性頭痛です。頭痛の性状・持続時間・随伴症状などから片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛などに分類されます。

一次性頭痛は生命の危険がある病気ではありませんが、生活の質の低下、生産性の低下が問題視されています。頭痛のせいで学校や仕事のパフォーマンスが落ちたり、休んでしまったりする場合は適切な投薬を受け、頭痛をコントロールする必要があると考えます。頭痛を客観的に評価するツールとして、当院ではHIT-6MIBS-4などのツールを用いて客観的評価を行う事を推奨しています。頭痛を持っているのが普通、自分は頭痛持ちだから、と考えている方も一度受診を検討してみてください。

片頭痛

片頭痛の名称は頭の片側が痛むことに由来しますが、両側の頭痛を経験する方もいます。女性に多い傾向があります。

頭痛の前に、キラキラと何かが見える、ギザギザの光が見える、といった視覚性の「前兆」があるものとないものがあり、前兆は多くの場合、60分以内に終わり、続いて頭痛が始まります。頭痛はズキンズキンと脈打つように痛み、吐き気や嘔吐・眠気を伴うこともあります。光や音、匂いに敏感になることもあります。片頭痛の発作は通常4~72時間程度で、症状が消えると普段と変わりなく過ごすことができます。

片頭痛はさまざまな原因により、痛覚の神経である三叉神経から痛みの原因物質が放出され、血管拡張や炎症が起こり頭痛を生じると言われています。片頭痛発作を引き起こす原因は人によってさまざまで、ストレス、ストレスからの解放、月経、天候の変化、光や音、匂い、運動、性的活動、旅行、欠食、アルコール、特定の食品などがあります。

片頭痛の治療は、頭痛発作を早く鎮めるための急性期治療と、頭痛がない日も毎日お薬を飲んで、頭痛発作を起こりにくくする予防療法があります。近年、片頭痛の治療薬の開発が進み、2021年には、特効薬として主流となっていたトリプタン製剤に加え、CGRP関連予防薬3剤(ガルカネズマブ・フレマネズマブ・エレヌマブ)が相次いで認可されました。いずれも片頭痛が起きた時の衝撃(痛み)を最小限にとどめるお薬で、高い効果が期待できます。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は頭痛の中で最も頻度が高く、後頭部、こめかみ、ひたいを中心に頭重感や圧迫感、または締めつけられるような痛みがジワジワと発生し、しばらく続きます。眼の奥が痛くなることもあります。

筋肉の緊張(血行障害)、あるいは精神的・肉体的ストレス、疲労、自律神経の乱れなどによって起こります。デスクワークやドライバーなど、長時間同じ姿勢で仕事を続ける職種の方に多いとされています。

長時間、パソコンや車の運転などで前屈みやうつむきの姿勢が続くと、頭や首、肩の筋肉に負荷がかかり、血流が悪くなって頭痛が起こりやすくなります。肩こりを感じたら、軽いストレッチをして頭痛を予防しましょう。

群発頭痛

群発頭痛は、片側の目の奥がえぐられるような強烈な痛みが起こります。一定期間に集中して起こるため「群発」という名称がついています。年に1~2回程度発症し、群発期には1回につき数十分から2時間程度の激しい痛みが生じ、1~2カ月にわたって続きます。1日に何度も起こすこともあります。比較的稀な疾患で、男性に多く発症する傾向があります。

発症メカニズムは完全に特定されていませんが、血管の拡張が関わっていると考えられています。痛みが強く、日常生活や仕事にも支障をきたすことが多いため、適切なコントロールが重要になります。

小児の片頭痛

片頭痛は小学生の3.5%、中学生の5%、高校生の16%に認めると報告されており、決して珍しくはありません。小児では成人に比べて両側性の頭痛が多く、持続時間が短い傾向があります。治療は以下の様になります。

急性期治療:片頭痛が出現した場合は暗く静かな部屋で休みます。頭痛の早期に適切な鎮痛薬を内服します。小児の鎮痛薬はアセトアミノフェンやイブプロフェンが基本ですが、効果が乏しい場合にはトリプタンが適応となります。頭痛の診療ガイドライン2021では12歳以下でスマトリプタン点鼻とリザトリプタン、思春期ではスマトリプタン、リザトリプタン、エレトリプタンなどが推奨されています。

予防治療:まずは生活習慣を見直します。例えば規則正しい睡眠や食事をとること、ブルーライトを制限すること、特定の食事を避ける、ストレスのコントロールなどが挙げられます。適度な運動やストレッチ、マッサージも効果があります。特に頻度が多く日常生活への支障度が高い症例では予防薬としてシプロヘプタジン、アミトリプチリン、ロメリジンなどを用います。抗CGRP関連抗体薬の小児(18歳未満)への適応は2024年3月時点ではありませんが、一部医療機関で治験が実施されています。紹介希望者はご相談ください。

片頭痛の予防

片頭痛は投薬、栄養管理、ライフスタイルの変更やストレス管理により予防することが可能です。頭痛の回数が多い場合、重症度が高い場合などでは積極的に予防を行う必要があります。

片頭痛の予防

①投薬

片頭痛の予防薬には塩酸ロメリジン(ミグシス)、バルプロ酸(セレニカ、デパケン)、アミトリプチリン(トリプタノール)、プロプラノロール、呉茱萸湯などの漢方薬があります。抗CGRP関連抗体薬(エムガルティ、アジョビ、アイモビーグ)も予防薬の一種です。痛みが無いときも含めて継続的な投薬により、頭痛頻度・重症度の軽減効果が得られます。

②栄養面

バランスの取れた食事、適切な水分摂取が重要です。また、日本人に不足しがちな鉄分は頭痛の予防効果があり、積極的な摂取が推奨されます。参考:Front Nutr. 2021厚生省の食事摂取基準2020を参考にすると月経のある日本人女性で11mg/日、過多月経では16mg/日の摂取が推奨されます。また、マグネシウム、リボフラビン(ビタミンB2)が片頭痛の予防に効果的と報告されています。

③ライフスタイルの変更

十分な睡眠・規則正しい生活リズム、適度な運動、リラクゼーション、ストレスを軽減する取り組みが大切です。

エムガルティ(新薬)

近年、片頭痛の病態が解明され、CGRPという物質が片頭痛を引き起こすことがわかっています。エムガルティ(抗CGRP関連抗体薬)はCGRPの効果を抑制し、片頭痛を予防する非常に効果の高い薬剤です。

エムガルティ(新薬)の作用機序

  • 月に4回以上の片頭痛発作が生じている
  • 頭痛による生活支障が大きい
  • ミグシスなど従来の予防薬の効果が乏しい

このような場合はCGRP関連抗体薬による「予防治療」が適応になると考えます。

多くの方が初月から効果を感じており、頭痛が半減する人が6割、頭痛がなくなってしまう人も1割程度います。投薬は月に1回、皮下注射で行います。保険適応で1本投与するのに13,000円(もともと4万5千円程度)程度の窓口負担があります。詳しくはご相談ください。

エムガルティ(新薬)
の効果発言時期

エムガルディのデバイスと在宅自己注射について

エムガルディのデバイスには、オートインジェクターとシリンジの2種類があります。

エムガルディのデバイス

通院による注射、在宅自己注射のいずれかを選択できます。

エムガルディの治療